離乳食で大事なこと

離乳期にいろいろな味に慣れさせることは大切ですが、新しい味は1日に1種類にしましょう。
その味に慣れたらまた新しい味を加える、焦らずのんびり進めていくことです。
ころころ歯ブラシの効果・口コミ|歯周病を歯磨きで改善

離乳食の温度にも敏感です。
熱すぎたり冷たすぎたりも禁物。
母乳と同じくらいの温かさを心がけましょう。

また柔らかさもポイント。
ママは「この子は食べてくれない」と思っていても、固すぎる、モソモソして食べにくい、飲み込めないなど、実は食べられないことも多いのです。

食べない場合は、離乳食を早く進めすぎていないか、よくメニューを検討してみましょう。

8カ月を過ぎたころから、お皿の中をぐちゃぐちゃにしたり、スプーンを振り回したりと、赤ちゃんはいろんないたずらを始めます。
ママはそこらじゅうが汚れて、食事の度に大変な思いをするでしょう。
でもこれは赤ちゃんが自分で食べようとする意欲の現れ。
時には手でつかんで食べようとする様子も見られるはずです。
メロディアン水素水 水素たっぷりのおいしい水をお得にお試し